関西防衛を支える会 〜 関防会 〜

2020-01-12
カテゴリトップ>富士インパルスシーラー>足踏み式シーラー>頭部可動シーラーFiK
富士インパルス FiK-600-2 頭部可動式足踏み式シーラー【時間指定不可】【北海道・沖縄・離島への発送はできません】【受注生産】製品名:FiK-600-2
シール幅:2mm
シール長:600mm
加熱方式:片側下加熱

電源:100V
消費電力:1010W
加熱時間:0.1〜1.6秒
質量:27kg
機械寸法:680×550×1040mm
対応するフィルムの厚み:合計0.3mm以下
対応オプションプリンター:FEP-N2、FEP-OS-N2

富士インパルス(フジインパルス)製FiK−600−2シーラーは、シール長600mm、シール幅2mmの足踏み式シール機です。

シール部分の角度が、水平から45°の範囲で可変しますので、粉末などを袋から漏らさずにシールできます。

オプションで、テーブルや印字機(シール内側・外側印字)が取り付け可能です。

※商品写真はFiK-300です。
※FiK-600-2は、特殊テーブルを標準装備しています。

※この商品は、通常2週間程度の納期がかかります。

<>
 完全なヒートシール加工をするには『冷却工程』が重要となります。フィルムを溶着するには、溶着部分をシールバーで強い圧力をかけて押さえ込んだ上、加熱⇒ 冷却する必要があります。

 加熱時間(温度)は、フィルムによって変わってきますが、冷却時間は通常ですと加熱時間の3倍程度必要となります。たとえば、加熱時間が0.5秒の場合、冷却時間はおよそ1.5秒必要ということになります。

 ショップシーラーや足踏みシーラーの場合、加熱時間はボリュームで設定しますが、冷却時間は、作業者の判断になります。シールバーでフィルムを挟み込んで、加熱ランプが点灯・消灯しても、すぐにシールバーを離して、フィルムを解放してしまうと、本来の冷却が行われず、シール面は濁ったり、しわしわになったりします。

 きちんとした溶着を行うためには、加熱ランプが消えてから、加熱時間の3倍程度を目安に、シールバーをそのまま保持してください。これにより、透明感が高く、シワの無い、しっかりした溶着ができます。


【関連商品】
ショップシーラーFS
ポリシーラーP
厚物シーラーT-130K/230K
電動シーラーFA
足踏み式シーラー
米袋用シーラーFR
水物用シーラー
脱気シーラー
OPLシーラー
超音波シーラー
機種別 消耗部品
トップページに戻る


業務用商品のため、商品特性上、ご注文確定後の商品の変更・交換・返品・キャンセル等には原則として対応いたしかねます。大変おそれいりますが、ご理解ご了承のほど、お願い申し上げます。

 
価格
131,000円 (税込141,480 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
14〜21日
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

オリジナルグッズの販売

オリジナルグッズの販売
"関西防衛を支える会"のオリジナルグッズを販売しています。詳しくは、 コチラ をクリックしてご覧下さい。

↑ PAGE TOP